●ニッチマーケットに的を絞る その2

RMDSを取り扱って楽しいことは、商品が日々、どんどん増えているということです。あなたはご存じですか、RMDSの将来目標は取扱商品を1000万点にしようということを・・・。

この数は、あらゆる分野のあらゆる商品を取り扱って始めて達成される数字です。従ってニッチマーケットに的を絞りやすくなります。

あなたが単なる価格競争から抜け出して、あなた自身のお客様を獲得するには、あなたの得意とする分野でニッチ(狭い)なカテゴリーに的を絞ることが大切です。しかし、取扱商品数が限られていれば、ニッチに絞ろうとしても限度があります。

また、ニッチマーケットには2つの意味があります。カテゴリー自体を絞り込むこと。例えば、健康の中のダイエットといったことです。

もう一つの絞り方は、キチン用品でトースターを取り扱ったとします。トースターなどは掃いて捨てるほどどこにでも、ピンからキリまであります。

しかし、もしあなたが、ブランド品専門のトースターを扱ったとしたらどうでしょう。ルイブトンのトースター、クリスチャンディオールのトースター!! これらが実際にあるかどうかは知りません。例えとして挙げました。商品の絞り方の一例です。

あなたはきっと商才に長けているに違いありません。これらをヒントにあなた自身のニッチマーケットを研究してみて下さい。