genmai_250px-Brown_rice玄米とは、稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を取り除いた状態で、まだ精白されていない状態の米をいいます。

精白とは、玄米から糠(ぬか)を取り除き白米にすることです。玄米は、白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含むため、健康食品として用いられています。

美容効果については、上述したように、玄米にはビタミンB郡が多く含まれているので新陳代謝を高めます。そして、豊富な食物繊維は便秘を解消するのに役立ちます。したがって、体の中の老廃物の排出効果が期待出来るのです

玄米を常食にすることによって、この新陳代謝と老廃物輩出のパワーアップが継続的に続き、美容効果に資すると考えられています。
下記の玄米の栄養素をご覧になれば、数値にて、これらがお分かりになります。

食品に含まれる栄養素
(食品 100 g あたり)
食品名玄米精白米
エネルギー350kcal356kcal
たんぱく質6.8g6.1g
脂質2.7g0.9g
炭水化物73.8g77.1g
ナトリウム1mg1mg
カリウム230mg88mg
カルシウム9mg5mg
マグネシウム110mg23mg
リン290mg94mg
2.1mg0.8mg
亜鉛1.8mg1.4mg
0.27mg0.22mg
マンガン2.05mg0.80mg
β−カロテン当量1mcg0
ビタミンD(0)(0)
ビタミンE1.4mg0.1mg
ビタミンK(0)0
ビタミンB10.41mg0.08mg
ビタミンB20.04mg0.02mg
ナイアシン6.3mg1.2mg
ビタミンB12(0)(0)
葉酸27mcg12mcg
パントテン酸1.36mg0.66mg
ビタミンC(0)(0)
食物繊維3.0g0.5g

五訂増補 日本食品標準成分表
(文部科学省)


玄米の効率的な魅力
①太る原因の、脂肪分、糖分、が多く含まれる甘いお菓子や乳製品、肉類などのたんぱく質や油分を多く含む揚げ物などは、ミネラルなどを効率よく消化するのに必要な栄養素が足りないため、食べていても満足度が足りずに食べ過ぎる傾向が出てきてしまう

②(米が嫌いな方は別として)玄米は食べごたえがあり、噛めば噛むほど美味しさを実感できるとともに、噛む事で、脳みそが刺激され酵素や消化液、ホルモンの分泌を高めて臓器の活動が活発になる!

③すなわち、摂りいれた栄養を無駄なく吸収し、脂肪や糖分として体内に貯めずに効率よくエネルギーに変換できる     (参考:「オレンジページ_玄米がおいしい」より)

終わりに、先に、精白することによって、玄米は白米になると記しましたが、白米という字は、つなげると”粕”(カス)という字になります。 粕という字は、白米のことを指すのかどうか、識者の方はお教え下さい。



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村・ランキング参加中。苦戦です。何とぞクリックを!!!