「奇跡の玄米」 に付いてくる「醤油ごま」は、自身、食してみて、玄米に合う絶品だと思いましたが、玄米には昔から、「玄米の友」が存在しました。 当然、昔懐かしい日本の食卓にかかせないものですが・・・

gomashio
ごま塩--血液きれい、老化予防
ごまはカルシウムを多く含み、血液をきれいにし、老化予防にも効果があります。陸の王者・玄米と海の王様・塩をつなぐ役目をもち、それぞれの良いところを引き出す力を持ちます。

ごまから作られるごま油は、皮や実の部分は捨てられ酸化しますが、ていねいにすられ、塩をからませたごま塩はごまの力がまるごと入った調味料で、玄米に欠かすことが出来ない存在です。

tsukemono_takuan漬物・たくあん
世界中で漬物は何十種類もありますが、日本ほどたくさんの種類の漬物を持つ国はありません。

その中でも、米ぬかを使って発酵させたたくあんは玄米との相性が抜群です。 玄米の栄養やエネルギーを無理なく消化吸収させ体中に行き渡らせる、そして玄米の酵素を引きだしてくれる、まさに絶妙のコンビネーションです。

梅干し--血液サラサラ
青梅を一年で一番暑い土用のころに太陽に三日間干すことによって薬にかえます。

そして、赤じそといっしょに一年間塩漬けにすると最高の薬に変化します。クエン酸などの有機酸、ビタミン、ミネラルを含み、細胞を活性化して胃腸を強くし、毒素を分解、血液をサラサラにして血行をよくしてくれます。

玄米との相性は抜群で、玄米のたんぱく質を効率よくエネルギーに変え、力強い体や気力を作るといわれています。

味噌汁--きれいなウンチを出す役目をしてくれる
健康な人は食べたものと同じ量のウンチを出します。ウンチが出ないと腸の中にたまって食べ物がドンドン腐っていきます。 そんなウンチが腸の中がいっぱいになると血液の質が悪くなり、細胞もドンドン悪くなる。これが肥満の一番の原因ともいわれています。

きれいなウンチをたくさんつくるということは、食べたものを細菌、ウイルス、バクテリアという微生物に変えて外に出すということ。

そんなふうに腸の中を発酵させて微生物の動きを活発にするのに役立っているのがみそです。

みそにわかめなどの海藻を入れて、消化しやすい形にした味噌汁は、玄米の持つチカラと相まって、健康を保つために、ぜひ、いっしょに頂きたい、組み合わせていえます。

(この記事は、オレンジページムック 「玄米がおいしい」を参照させていただきました)


≪奇跡の玄米≫こだわり玄米と醤油ごまのセットが500円(送料込み)!
奇跡の玄米



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村・ランキング参加中。皆さまのクリックが頼りです。何とぞクリックを!!!