2010年08月

次世代のマーケティング手法「フラッシュマーケティング」と先陣を切った「もしフェス」(石川)

Twittern や Facebook の爆発的な成長によって、新しいマーケティング手法の出現が可能になった。

その一つが「Flash marketing-フラッシュマーケティング」である。日本語では、「瞬間マーケティング、売り切りマーケティング」と言われている。

このフラッシュマーケティングは、現在のどのマーケティング手法より、一歩先を行くと言われており、数年後には、インターネットショップで、アマゾンの名前を思い出す人間はいなくなり、インターネットショップといえば、フラッシュマーケティングをやっている新興企業のことを指す、とまで言われている。(Ron Conway, アメリカの投資家。http://www.crunchbase.com/person/ron-conway)

株式会社もしもでは、この度、このフラッシュマーケティングの手法と個人の力を活かした「フラッシュアフィリエイト」という仕組みを組み合わせて、新しい、独自の販売形態、「もしフェス」をオープンした。

 『もしフェス』では、毎日1つの商品・サービスを24時間限定の特別価格で提供していく。

フラッシュアフィリエイトを利用するサイトオーナーは、より魅力的で販売力のある商品・サービスを24時間限定という短時間で集中的に集客することで、成果報酬を高い確度で得ることができ、従来のアフィリエイトで起こっている、成果が出るまでに時間がかかるという問題点を解決することが可能となる。

 商品・サービス提供者様は、商品・サービスを低価格で提供するだけで、もしも既存会員約34万人の販売集客力と、twitter等のソーシャルメディアを活用する集客方法を組み合わせた、今までにない新しい集客販路を利用することが可能となる。

 もしもの定義するフラッシュマーケティングとは;
・高い割引率
・短期間限定
・twitterなどのソーシャルメディアを活用
ということになる。

フラッシュマーケティングを可能にしたのは、もしもが築き上げた過去の多大な商品供給者と30万を超えるその販売者達の存在である。

これを機会に、この面でも先を行く、アメリカの例などを紹介していきたいと思っている。 (石川)

「フラッシュマーケティング」(朝日新聞)

アサツー・ディ ケイ ダイレクトコミュニケーションユニット 第1ダイレクトビジネスデザイン局 小林 弘治
2010/08/10

 フラッシュマーケティングとは、割引料金などの特典がついたクーポンを期間限定でオンライン販売する手法。多くの場合一定数以上の成約件数が前提となり、ギャザリングにも似た手法といえる。Twitterなどのリアルタイムウェブの流行、iPhoneなどスマートフォンの普及によって、瞬間的にユーザーに情報を伝播(でんぱ)させ、販売にまで直結させるマーケティング手法として脚光を集めている。米国の「Groupon」が老舗として有名だが、同じモデルで日本国内でも「Piku」「Kaupon」などをはじめとする類似サービスが生まれ、サービス乱立の様相を呈している。中でもリクルートの「pomparade(ポンパレード)」は、リクルートの営業力との相乗効果で注目されている。またフラッシュマーケティングを構築するためのソリューションを提供する企業も現れている。

 フラッシュマーケティングは今のところ、話題作りや集客などに効果が出ているようだが、本質的にはエンドユーザーに対する大幅な割引であり、ユーザー側の慣れによる特典のエスカレートや、情報を知らない人や定価購入した人が持つであろう不公平感、そしてそれらが結果的にブランドイメージに悪影響を与えるのではないかなどを懸念する声もある。

 会員へのメルマガやホームページで告知を行うタイムセールは以前からあったが、フラッシュマーケティングのほとんどは、ソーシャルメディア(Twitterなど)を活用することで、ネット上のクチコミによる短時間・広範囲への情報伝達が容易にできるようになったことによって成り立っている。そのような意味で、フラッシュマーケティングの新しさや将来性は、大幅割引などの特典にあるのではなく、ユーザーにとって魅力的な情報を、マスメディアよりも安価でスピーディーに、そして直接メディアに接触している人以外にも広く伝達させることが可能という、「時間」と「コスト」の短縮にある。それはあたかも自宅でくつろいでテレビを観ているときに、“お得な情報”が突然飛び込んでくるのに似ている。または知り合いとたわいもない雑談をしているときに、思いも寄らない有益な情報を得られる体験に似ている。そしてその情報に接触した瞬間に、オンラインで購入のアクションを即座に起こすことができるわけだ。わざわざ自分にとって必要な情報を探したり、サイトを定期的にチェックしたりしなくても、向こうからやってくる情報に対して買うか買わないかを決めればよいのである。

 ウェブを通じてユーザーに伝わる情報のリアルタイム性と、それとほぼ同時に行われるシームレスな購買行動がフラッシュマーケティングの本質であり、今後この手法がどのように進化・発展していくかは、ソーシャルメディアがどのように生活に浸透し、スマートフォンなどの新デバイスが生活にどのように定着していくかにかかっているといえる。将来的には単なる割引クーポンの販売だけではなく、さまざまな商品やサービスに関するセール情報がソーシャルメディア上を流れ、短期間かつ手間のかからない売買が行われる新しいマーケットが成立するだろう。

フラッシュマーケティングを少しだけ考察


http://ameblo.jp/yoshi1222/entry-10571201938.html


2010-06-29 00:52:18
フラッシュマーケティングを少しだけ考察してみた(横断検索サイトも紹介)テーマ:ブログ


フラッシュマーケティングの市場が急速に拡大してきてる!!


もう既に日本で10社ほどがサービスを開始しているフラッシュマーケティングサイト。アメリカで2年前から開始されている“Groupon ”がもっとも有名で売上は300億円以上にもなっている。


※フラッシュマーケティングとは.........『今日だけ割引きして安い。』「24時間以内しか販売しない」「100人が24時間内に集まれば安くサービスを提供する。」といった時間軸を活用したインターネットサービスのことを言うそうな。


日本のサービスを紹介すると、、、
・KAUPON
・Piku割
・Qpon
・ニコポン
・ミナワリ
・Qpod
・iCoupons
・みんクー
・GOTi
・PREPON
・KU-WARI

そして、なんといってもついに優勝候補のリクルートさんも参入。


・pomparade(ポンパレード)


リンクを引っ張ってきながら、もうこんなに乱立しているのかぁ。。。と。
すべて見るのがめんどうな方はこちらへ。


オールクーポンジャパン(allcoupon_jp)

 

ほとんどのフラッシュマーケティングサイトを横断してくれているので便利。今のところ23社まで増える予定なので、このサービスはこれから重宝されそう。


さらにはグルーポンモデルのシステムをASPで提供する会社もでてきており、マーケットが非常に盛り上がってきました。


グルーポンシステム.jp (produced by ウェブアクション株式会社 )

『Dadat』 (produced by 株式会社サイブリッジ ) 

 


すでに食べログ 、ぐるなび 、FooMoo のような、場所、食べ物、人数、シチュエーション別等で検索をするサイトはみなさんもご存じのとおりだと思いますが、これはある意味、『“既存の欲望”を満たすためのサービス』だと思います。


一方、フラッシュマーケティングサイトを見ていくと、有名な飲食店が半額だったり、ゴルフのレッスンが通常の70%オフになっていることで、『このクーポンを誰かと利用しよう!』といった“潜在的な欲望”を引き起こす役目も果たしていると思います。


Grouponのビジネスモデルとしては
・決済した金額の20%〜60%を手数料としてもらう
・クーポンを購入した2割〜3割のうーポンが使用されずに紙クズへ


日本ではこのモデルが成り立つかわからないが、とにかくユーザーを集客して、良質なコンテンツを仕入れ、取扱量を増やすことで利益が上がるモデルです。


NO.1 ALL TAKEの市場ではないと思いますが、最終的に大幅な収益を上げるサービスは3,4社ほどではないかと思います。どのサイトが一番になるのかは大変興味があります。


勝ち抜くポイントは下記の3つだと考えています。
・どれだけ良質なコンテンツを引っ張ってくるか(お店のデータベース、営業力)
・どうスケールさせるか(地方都市での展開、CMSによる店別のアカウント管理)
・どうユーザーを集めてくるか


個人的にはお店側がCMSからコンテンツ(サービス内容、価格、割引率、枚数等)を自由に作成し、運営者側がそのコンテンツを審査するばOKな状態まで持っていくことができたら、かなりスケールするのではないかと思う。
今のapple、Googleがスマートフォンのアプリをリリースするのと同じモデル。あとは、クオリティをどれだけうまく保つか。


もう既にクーポンをいくつか購入しているし、今後もいちユーザーとしてお得なクーポンは購入していこうと思います。読者の方も是非。

運営者プロフィール
日刊 「脱原発新聞」 発刊中 ご覧下さい!
日刊 「ネコ新聞」 発刊中 ご覧下さい!
健康サンダル特集
・健康サンダル
・健康サンダルを履き続けて6年
・京都大学と共同研究
・健康サンダルの種類

(以上、漸次作成中)
健康で美しく長生きするために 目次

第1章 毒性・栄養欠乏食品と日本人

1.朝食に「毒物」を口にしていませんか?
2.マーガリンはどうして毒物なの?
3.日本の常識は世界の非常識
4.牛乳を飲んで下痢をしませんか?
5.私たちを取り巻く環境と活性酸素
6.健康の道しるべ、栄養のバランスを考える

第2章 栄養素の基礎知識

1.2万7千人を殺した森鴎外
2.メリル・ストリーブ主演「西洋医学と栄養療法」
3. バランスの取れた栄養とは
4.栄養素の基礎知識 その1 3大栄養素
5.栄養素の基礎知識 その2 ビタミン
6.栄養素の基礎知識 その3 ミネラル
7.栄養素の基礎知識 その4 食物繊維

第3章 東洋医学と漢方薬

1.東洋医学の基礎知識
2.西洋医学と東洋医学の違い
3.漢方薬、生薬そして民間薬とは?
4.漢方薬とエキス剤そして西洋薬との違い

第4章 日本の医療の現状とヘルスメディケーション(自己治療)の普及

1.上がり続ける医療費が国を破産させます
2.病院、医院と医療現場
3.漢方などの代替え医療
4.医薬分業と薬局-セルフメディケーション
5.「街の健康コンサルタント」としての薬屋さん
6. 生命保険業界と栄養補助食品--半病人でもOK

第5章 生活習慣病とサプリメント

1.生活習慣病と危険因子-7つの健康習慣
2.歯周病も生活習慣病の1つ
3.サプリメントで栄養バランスを保つ
4.「正しい栄養補助食品」とは

Categories-カテゴリー
ブログトピックス
アフィリエイト・ポータルネット
タグクラウド
加齢臭・体臭特集

PR--------------
加齢によるニオイを
予防し、対策を!

加齢臭・体臭特集


体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【柿渋石鹸No.1】
ライブラ柿渋石鹸
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【山本モナ愛用】
ビューティローズ
クリスタル50粒
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【加齢臭&脱毛予防】
フォーミュラB
シャンプー 240ml
livedoor 天気
QRコード
QRコード
日刊 「メタボとダイエット」 発刊中
日刊 「自然エネルギー Daily News」発刊中
日刊 「Facebook ページ 情報」 発刊中
  • ライブドアブログ