ニュース・情報

成功したコピーライティングの話。ウオールストリートジャーナルに載った ”ある物語”

我々は良くできた「お話」或いは「物語」には、耳を傾け、心を動かされるものです。しかしながら、心を揺さぶられるようなコピーライティングにお目にかかることはめったにありません。

ここに「お話」を使って成功したコピーライティングの例を挙げましょう。
最も成功したメールの一例と言われています。後に続く本文の引き金を引くような役目をするのです。ウオールストリートジャーナルに載った ”二人の若者” という、メールです。非常に有名ですので、ご存じの方がおられるかも知れませんが、敢えて紹介させて頂きます。

その「お話」は、次のように、スタートします。

two_youngmen”25年前のある美しい晩春の午後、二人の若者が同じ大学を卒業しました。

彼らは非常によく似通った若者でした。二人とも、並の学生よりも優れていました。二人とも容姿が良く、そして二人とも多くの大学卒業生がそうであるように、未来に対して野心的な夢に満ちあふれていました。

最近、その二人の男が大学の25周年の卒業の同窓会に出るために大学に帰って来ました。

彼らは依然として、非常に似通っていました。

二人は幸福な結婚をしました。二人とも三人の子供に恵まれていました。そして二人とも、大学を出た後に、中西部の同じ製造会社に就職し、今も二人ともその会社にいるのでした。

しかし、そこに一つだけ違いがありました。
一人の男はある小さな部署のマネージャーでした。
そしてもう一人は、・・・その会社の社長でした」


この話を冒頭に持ってくることによって、話しはいくらでもふくらんでいくのです。

なぜ、まったく似通った二人が、25年経って、一人は小部門の部長、もう一人は会社の社長、と大きな隔たりが出来てしまったのか・・・。

この後はあなたの想像と創造により、話しを作っていってください。

次世代のマーケティング手法「フラッシュマーケティング」と先陣を切った「もしフェス」(石川)

Twittern や Facebook の爆発的な成長によって、新しいマーケティング手法の出現が可能になった。

その一つが「Flash marketing-フラッシュマーケティング」である。日本語では、「瞬間マーケティング、売り切りマーケティング」と言われている。

このフラッシュマーケティングは、現在のどのマーケティング手法より、一歩先を行くと言われており、数年後には、インターネットショップで、アマゾンの名前を思い出す人間はいなくなり、インターネットショップといえば、フラッシュマーケティングをやっている新興企業のことを指す、とまで言われている。(Ron Conway, アメリカの投資家。http://www.crunchbase.com/person/ron-conway)

株式会社もしもでは、この度、このフラッシュマーケティングの手法と個人の力を活かした「フラッシュアフィリエイト」という仕組みを組み合わせて、新しい、独自の販売形態、「もしフェス」をオープンした。

 『もしフェス』では、毎日1つの商品・サービスを24時間限定の特別価格で提供していく。

フラッシュアフィリエイトを利用するサイトオーナーは、より魅力的で販売力のある商品・サービスを24時間限定という短時間で集中的に集客することで、成果報酬を高い確度で得ることができ、従来のアフィリエイトで起こっている、成果が出るまでに時間がかかるという問題点を解決することが可能となる。

 商品・サービス提供者様は、商品・サービスを低価格で提供するだけで、もしも既存会員約34万人の販売集客力と、twitter等のソーシャルメディアを活用する集客方法を組み合わせた、今までにない新しい集客販路を利用することが可能となる。

 もしもの定義するフラッシュマーケティングとは;
・高い割引率
・短期間限定
・twitterなどのソーシャルメディアを活用
ということになる。

フラッシュマーケティングを可能にしたのは、もしもが築き上げた過去の多大な商品供給者と30万を超えるその販売者達の存在である。

これを機会に、この面でも先を行く、アメリカの例などを紹介していきたいと思っている。 (石川)

「フラッシュマーケティング」(朝日新聞)

アサツー・ディ ケイ ダイレクトコミュニケーションユニット 第1ダイレクトビジネスデザイン局 小林 弘治
2010/08/10

 フラッシュマーケティングとは、割引料金などの特典がついたクーポンを期間限定でオンライン販売する手法。多くの場合一定数以上の成約件数が前提となり、ギャザリングにも似た手法といえる。Twitterなどのリアルタイムウェブの流行、iPhoneなどスマートフォンの普及によって、瞬間的にユーザーに情報を伝播(でんぱ)させ、販売にまで直結させるマーケティング手法として脚光を集めている。米国の「Groupon」が老舗として有名だが、同じモデルで日本国内でも「Piku」「Kaupon」などをはじめとする類似サービスが生まれ、サービス乱立の様相を呈している。中でもリクルートの「pomparade(ポンパレード)」は、リクルートの営業力との相乗効果で注目されている。またフラッシュマーケティングを構築するためのソリューションを提供する企業も現れている。

 フラッシュマーケティングは今のところ、話題作りや集客などに効果が出ているようだが、本質的にはエンドユーザーに対する大幅な割引であり、ユーザー側の慣れによる特典のエスカレートや、情報を知らない人や定価購入した人が持つであろう不公平感、そしてそれらが結果的にブランドイメージに悪影響を与えるのではないかなどを懸念する声もある。

 会員へのメルマガやホームページで告知を行うタイムセールは以前からあったが、フラッシュマーケティングのほとんどは、ソーシャルメディア(Twitterなど)を活用することで、ネット上のクチコミによる短時間・広範囲への情報伝達が容易にできるようになったことによって成り立っている。そのような意味で、フラッシュマーケティングの新しさや将来性は、大幅割引などの特典にあるのではなく、ユーザーにとって魅力的な情報を、マスメディアよりも安価でスピーディーに、そして直接メディアに接触している人以外にも広く伝達させることが可能という、「時間」と「コスト」の短縮にある。それはあたかも自宅でくつろいでテレビを観ているときに、“お得な情報”が突然飛び込んでくるのに似ている。または知り合いとたわいもない雑談をしているときに、思いも寄らない有益な情報を得られる体験に似ている。そしてその情報に接触した瞬間に、オンラインで購入のアクションを即座に起こすことができるわけだ。わざわざ自分にとって必要な情報を探したり、サイトを定期的にチェックしたりしなくても、向こうからやってくる情報に対して買うか買わないかを決めればよいのである。

 ウェブを通じてユーザーに伝わる情報のリアルタイム性と、それとほぼ同時に行われるシームレスな購買行動がフラッシュマーケティングの本質であり、今後この手法がどのように進化・発展していくかは、ソーシャルメディアがどのように生活に浸透し、スマートフォンなどの新デバイスが生活にどのように定着していくかにかかっているといえる。将来的には単なる割引クーポンの販売だけではなく、さまざまな商品やサービスに関するセール情報がソーシャルメディア上を流れ、短期間かつ手間のかからない売買が行われる新しいマーケットが成立するだろう。

フラッシュマーケティングを少しだけ考察


http://ameblo.jp/yoshi1222/entry-10571201938.html


2010-06-29 00:52:18
フラッシュマーケティングを少しだけ考察してみた(横断検索サイトも紹介)テーマ:ブログ


フラッシュマーケティングの市場が急速に拡大してきてる!!


もう既に日本で10社ほどがサービスを開始しているフラッシュマーケティングサイト。アメリカで2年前から開始されている“Groupon ”がもっとも有名で売上は300億円以上にもなっている。


※フラッシュマーケティングとは.........『今日だけ割引きして安い。』「24時間以内しか販売しない」「100人が24時間内に集まれば安くサービスを提供する。」といった時間軸を活用したインターネットサービスのことを言うそうな。


日本のサービスを紹介すると、、、
・KAUPON
・Piku割
・Qpon
・ニコポン
・ミナワリ
・Qpod
・iCoupons
・みんクー
・GOTi
・PREPON
・KU-WARI

そして、なんといってもついに優勝候補のリクルートさんも参入。


・pomparade(ポンパレード)


リンクを引っ張ってきながら、もうこんなに乱立しているのかぁ。。。と。
すべて見るのがめんどうな方はこちらへ。


オールクーポンジャパン(allcoupon_jp)

 

ほとんどのフラッシュマーケティングサイトを横断してくれているので便利。今のところ23社まで増える予定なので、このサービスはこれから重宝されそう。


さらにはグルーポンモデルのシステムをASPで提供する会社もでてきており、マーケットが非常に盛り上がってきました。


グルーポンシステム.jp (produced by ウェブアクション株式会社 )

『Dadat』 (produced by 株式会社サイブリッジ ) 

 


すでに食べログ 、ぐるなび 、FooMoo のような、場所、食べ物、人数、シチュエーション別等で検索をするサイトはみなさんもご存じのとおりだと思いますが、これはある意味、『“既存の欲望”を満たすためのサービス』だと思います。


一方、フラッシュマーケティングサイトを見ていくと、有名な飲食店が半額だったり、ゴルフのレッスンが通常の70%オフになっていることで、『このクーポンを誰かと利用しよう!』といった“潜在的な欲望”を引き起こす役目も果たしていると思います。


Grouponのビジネスモデルとしては
・決済した金額の20%〜60%を手数料としてもらう
・クーポンを購入した2割〜3割のうーポンが使用されずに紙クズへ


日本ではこのモデルが成り立つかわからないが、とにかくユーザーを集客して、良質なコンテンツを仕入れ、取扱量を増やすことで利益が上がるモデルです。


NO.1 ALL TAKEの市場ではないと思いますが、最終的に大幅な収益を上げるサービスは3,4社ほどではないかと思います。どのサイトが一番になるのかは大変興味があります。


勝ち抜くポイントは下記の3つだと考えています。
・どれだけ良質なコンテンツを引っ張ってくるか(お店のデータベース、営業力)
・どうスケールさせるか(地方都市での展開、CMSによる店別のアカウント管理)
・どうユーザーを集めてくるか


個人的にはお店側がCMSからコンテンツ(サービス内容、価格、割引率、枚数等)を自由に作成し、運営者側がそのコンテンツを審査するばOKな状態まで持っていくことができたら、かなりスケールするのではないかと思う。
今のapple、Googleがスマートフォンのアプリをリリースするのと同じモデル。あとは、クオリティをどれだけうまく保つか。


もう既にクーポンをいくつか購入しているし、今後もいちユーザーとしてお得なクーポンは購入していこうと思います。読者の方も是非。

次世代のマーケティング手法「フラッシュマーケティング」に、アフィリエイトを組み合わせた「もしフェス」オープン

Twitter や Facebook の爆発的な成長によって、新しいマーケティング手法の出現が可能になった。その一つが「Flash marketing-フラッシュマーケティング」である。日本語では、「瞬間マーケティング、売り切りマーケティング」と言われている。この日本語訳は、今までの日本での対応の仕方から生まれてきたもので、もう少しうまい訳がないものかと思う。

このフラッシュマーケティングは、現在のどのマーケティング手法より、一歩先を行くと言われており、数年後には、インターネットショップで、アマゾンの名前を思い出す人間はいなくなり、インターネットショップといえば、フラッシュマーケティングをやっている新興企業のことを指す、とまで言われている。(Ron Conway, アメリカの投資家。http://www.crunchbase.com/person/ron-conway)

 株式会社もしもでは、この度、このフラッシュマーケティングの手法と個人の力を活かした「フラッシュアフィリエイト」という仕組みを組み合わせて、新しい、独自の販売形態、「もしフェス」をオープンした。

『もしフェス』では、毎日1つの商品・サービスを24時間限定の特別価格で提供していく。

フラッシュアフィリエイトを利用するサイトオーナーは、より魅力的で販売力のある商品・サービスを24時間限定という短時間で集中的に集客することで、成果報酬を高い確度で得ることができ、従来のアフィリエイトで起こっている、成果が出るまでに時間がかかるという問題点を解決することが可能となる。

 商品・サービス提供者は、商品・サービスを低価格で提供するだけで、もしも既存会員約34万人の販売集客力と、twitter等のソーシャルメディアを活用する集客方法を組み合わせた、今までにない新しい集客販路を利用することが可能となる。

もしもの定義するフラッシュマーケティングとは;
・高い割引率
・短期間限定
・twitterなどのソーシャルメディアを活用
 ということになる。

「もしフェス」の誕生を可能にしたのは、もしもが築き上げた10万点を超える多大な商品供給者と30万を超えるその販売者達の存在である。日本では「フラッシュマーケティング」の手法を使ったサービスが若干乱立気味で登場しているが、今のところ、クーポン券の割引や、レストランの割引などに集中している。一例として、PikuKauponを参照されたい。

本質的にはエンドユーザーに対する大幅な割引であり、特典の付与のようなもので、アマゾンの名前を忘れさすようなマーケティング手法になっているとは言い難い。その中で、本命と言われるのがリクルートが始めた、pomparade(ポンパレード)である。

 「もしフェス」が、アフィリエイトという手法を組み入れて、日本でも有数の「フラッシュマーケティング」の先駆者として長期にわたって生き残っていくには、ユーザーにとって魅力的な情報をマスメディアよりも安価でスピーディーに、多くの人々に広く伝達させることが可能な「時間」と「コスト」の削減を如何に成し遂げるかにある。

これを機会に、この面で先を行く、アメリカの例なども引用しながら、「フラッシュマーケティング」の紹介をしていきたいと思っている。 (石川)

アマゾンドットコム社長がキーノートスピーチ

アマゾンドットコム社長、ジャスパーチャン氏が、3日のアフィリエイトマーケティング協会のカンフェレンスにて、キーノートスピーチを行いました。

良く、アマゾンの社長を呼んでくれたと、おおむね、好評でした。英語でのスピーチでしたので、通訳が入り、良くできたのではなかったでしょうか。

大川京子さんの転職相談サイト他

美しい癒しの灯り集は、本当に心をなごませます。

「こんな灯りがほしかった」
  夜が待ち遠しくなるような、癒しの灯りを集めました。

「パート倶楽部」
  これからパートに出ようと思っている人や転職を考えている方の参考になるパート体験談です。

お仕事をお探しの方、ぜひ、このサイトを役立ててください。
大川京子さんのこれらのサイトは、サイドバーの「アフィリエイトセミナー受講者のサイト」にも記載されています。

広がる 「Affilaite-B.net 」要注意情報

10 月8日のこのブログに「詐欺まがいのASP、Affilaite-B.net に要注意! 」の記事を載せました。この全文は、私の別のサイト、アフィリエイトポータルネットにありますが、掲載以来、トラックバックが連日のようについて、11日現在17を数えます。

更に今朝、その続編とも言える「論議呼んだ「Affiliate-B.net」の利用規約問題」を掲載しました。そちらもご覧になって下さい。

多くのアフィリエイト関係者がこの問題について、それぞれのサイトで警鐘を連打し始めています。十分に注意してください。このように、二三日で、多くの人々の目に触れ、警鐘が鳴らされるのも、ブログの力でしょう。

この問題には引き続いて関心を示していきましょう。

リンクシェア大見本市に参加して来ました

24a57f89.jpg10月4日(火)、六本木ヒルズで開催されたリンクシェアの「第二回ECサイト大見本市&交流会」に行ってきました。40を超える企業がそれぞれの製品を展示して、集まった300名からのアフィリエイトに、熱心に説明をされておりましたが、熱気が伝わる雰囲気でした。この雰囲気は、下手でも、写真の方が伝わるかも知れません。ご覧下さい。

ad1d6686.jpg7b5db742.jpg



a74ec543.jpg8d1feb78.jpg


午後4時から、今回の大見本市の呼び物のひとつ、「ASP対アフィリエイトの対決座談会」が行われました。ASP側は、本日の主催者リンクシェアの花崎社長、ゲスト出演の電脳卸の木村大将。アフィリエイト側は、席に座った順にあびる氏、藍玉こと小林智子さん、石川、和田亜希子さん、笠井さんの5名。

持ち時間20分のあいだに、相手側に質問をぶつけ、それに対する回答に突っ込みを入れるというもので、質問の内容が勝負になるというものです。アフィリエイト側は、数日前からメールで各人から質問をつのり、当日、打ち合わせて持ち分を決めるという念の入れよう。面白い質問がありましたよ。

・ECよりアフィリエイターの方が大切。
・売れないECサイトやアフィリエイトサイトは正直いらない。
・フィリエイトにかかる経費をペイできているECサイトは10%もいない。
・アフィリエイトサイトの成果が上がらないのはECサイトにも原因がある
・ECサイトの審査が緩いASPは業界のためにならないと思う。
・5年以内にASPの数は半分になると思う。
・アフィリエイト以外の事業にも手を出す予定がある
・楽天がリンクシェアUSを買収したことでうちのASPにも大きく変わる
・Yahoo!Shoppingのアフィリエイト開始は正直イタイ
・5年以内にアクティブなアフィリエイターの数は半分になると思う
・報酬をポイントで払うなんて信じられない!
・隣に座っているヤツよりも俺の方がかっこいい!
以下略

最後に花崎社長が締めくくった言葉に「サラリーマンで現在成功している人が、アフィリエイトで成功することはまずない。やはり、ある程度、時間のとれる人、例えば、家庭の主婦だとか、シニアの方々がこれからのアフィリエイトマーケティングで主流になっていくのではないだろうか」といったことがありました。
今、アフィリエイトサイドを見ると、割合若い方々が先頭を切っているようですが、月日の経過と共に、花崎社長のいわれるように、その比重がすこしずつ女性、シニアの人達に移って行くことは十分に考えられます。

その後の懇親会は、アルコールが入ってのECとアフィリエイトとのお近づきの会といったところで、皆さん、充足した気持ちで小雨の中を家路に着かれたのではないでしょうか。

リンクシェア大見本市

10月4日のリンクシェアの大見本市に、座談会のスピーカーとして参加。いろいろと面白そうな趣向を考えているようです。参加の仲間は、笠井さん、あびるさん、和田さん、藍玉こと小林さん。ちょっとした顔ぶれですね。場所は六本木ヒルズの40階だというから、さすがリンクシェアというところでしょうか。

日経に「アフィリエイト広告」広大の記事

8月22日の日経夕刊に「ネット広告手法多彩」--「成果報酬・サイト連動」のヘッドの元にアフィリエイトの記事が載りました。

「・・・広大しているのがアフィリエイト(成果報酬型)広告だ。個人サイトなどに商品を推奨する広告を掲載して顧客を企業の通販サイトに誘導する・・・」

この記事によると、この広告(アフィリエイト広告)の市場は年間300億円で、5年以内に1000億円程度に達成するだろうとの、業界の観測が載っています。

アフィリエイト業界はますます忙しくなりそうです。

Google アドセンスで年に1億円稼いだブログ男!

信じる信じないは別にして、アドセンスで年に100万ドル(1億1000万円)稼いだという男性が現れました。それもブログでです。

アフィリエイトプログラムで良くひとに問われるのは、「月に100万円稼いだの、500万円稼いだの、という話があるが、それらの話は本当なの? 何か誇張してアフィリエイトプログラムにひとを引きずり込もうとしているんじゃない」といったことです。

ですから、アドセンスで1億円、といわれても、ぴんと来ないかもしれません。これはかくいう筆者も同じことで、その内情を知るまでは、納得しかねます。しかし、どうやってそれだけの成績を上げたのか、話を聞けば、うなずかざるをえません。その内情を公表した Jason Calacanis さんの話です。
http://calacanis.weblogsinc.com/entry/1234000403051129/


上記のサイトにも書いてありますが、最初、Jasonさんが、アドセンスは1年で100万ドル稼げるビジネスだよ、という話を聞いたとき、「セールスマンなしで、1年に100万ドル!、おいおい、ひとをからかうのもいい加減にしろよ!」と、取り合わなかったのです。

しかし、Jasonさんは、12ヶ月でそれを達成しました。2005年7月、アドセンスでの1日の稼ぎが平均2739ドルに達したそうです。この数字を今までの数字に加えると、1年で100万ドルを超えたのです。彼は過去の稼ぎの平均を次のように公表しています。

1月には1日の平均が、$580 。
3月には1日の平均が、$737。
5月には1日の平均が、$1,585.57 。


読者が興奮して、じゃ、私も、という前に、Jasonさんのブログがどのように運営されているか、知っておく必要があります。彼は、自分のサイトに書いてくれる有料のblogerを103人抱えており、彼の会社、Weblogs, Inc には9人のスタッフがいます。彼は自分の会社を「大きくて小さい会社」と表現しています。

この調子ならば、「1日に平均、3000ドル(33万円)、或いは5000ドル(55万円)稼ぐのもさして難しいことじゃない、今年中にこの数字を達成するよ」とは、Jasonさんの言葉です。

アフィリエイトポータルネットの改変

アフィリエイトポータルネットのトップデザインが変わりました。
パートナーのあびる氏が行ったものですが、すっきりとして見やすいと思いませんか? お時間のある方はどうぞ、ご覧になってください。

Google 月旅行の記事は読まれましたか

アフィリエイトポータルネットに月旅行の記事が載っています。

【海外】Google Moon で月旅行の計画を!

Google USAが、昨20日、1969年7月20日、人類が初めて月の表面に立った、「7月20日」を記念して、NASA の協力を得て、過去6回、アポロ計画で人間が降りた月の表面を記した「Google Moon」なるものを発表した。


サイトの右サイドに、今までに降り立った、アポロの号数と月日が記してある。
月のマップも非常に良くできていて、画面左側にある、プラスマイナスと記してある伸縮の記号を動かすと、マップが大きくなったり、小さくなったり、また、位置を変えたりする。

この地図により、将来の月旅行の計画を立てなさいと、Googleは言っているようだが、月旅行は今や夢ではなく、費用の問題になろうとしている。アフィリエイトで稼いで、「その時のために」費用を捻出しておいて下さい。

NYアフィリエイト旅行・ヤンキースタジアム

b19d36e1.jpgヤンキースタジアムの特等席にて



de92d044.jpg

NY アフィリエイト旅行・自由の女神

9113cea0.jpg一日の観光旅行。バスツアーも結構疲れました。
しかし、見所はいっぱい。参考になります。

NY アフィリエイト旅行、バーレムのジャズバーにて

3f14e785.jpg着いた日の夜、ハーレムのジャズバーに日本人シンガーが出るというので出かけてみました。


地下の薄暗いバー、玄関番の体の大きな黒人に5ドル払って、階段を降ろされるのをゆるされて、やった入ったところは・・・


シンガーの方と写真を撮ったりして・・87f53259.jpg

NY アフィリエイト旅行

deb93988.jpgニューヨークの冷麺、けっこうおいしかったです。

NY アフィリエイト旅行

90ccea8d.jpgニューヨークに着いた夜、韓国料理店で夕飯を、ということになりました。
焼き肉と、冷麺、相変わらずの私の定番です。

ニューヨークへの旅立ち

5f8e2a52.jpg久々の海外旅行。
デジカメでの写真集といきましょう。
旅立ち前、成田空港の「日本のお土産店」にて。
朔さんの頑張っているサイトを若干意識してのことかな・・

運営者プロフィール
日刊 「脱原発新聞」 発刊中 ご覧下さい!
日刊 「ネコ新聞」 発刊中 ご覧下さい!
健康サンダル特集
・健康サンダル
・健康サンダルを履き続けて6年
・京都大学と共同研究
・健康サンダルの種類

(以上、漸次作成中)
健康で美しく長生きするために 目次

第1章 毒性・栄養欠乏食品と日本人

1.朝食に「毒物」を口にしていませんか?
2.マーガリンはどうして毒物なの?
3.日本の常識は世界の非常識
4.牛乳を飲んで下痢をしませんか?
5.私たちを取り巻く環境と活性酸素
6.健康の道しるべ、栄養のバランスを考える

第2章 栄養素の基礎知識

1.2万7千人を殺した森鴎外
2.メリル・ストリーブ主演「西洋医学と栄養療法」
3. バランスの取れた栄養とは
4.栄養素の基礎知識 その1 3大栄養素
5.栄養素の基礎知識 その2 ビタミン
6.栄養素の基礎知識 その3 ミネラル
7.栄養素の基礎知識 その4 食物繊維

第3章 東洋医学と漢方薬

1.東洋医学の基礎知識
2.西洋医学と東洋医学の違い
3.漢方薬、生薬そして民間薬とは?
4.漢方薬とエキス剤そして西洋薬との違い

第4章 日本の医療の現状とヘルスメディケーション(自己治療)の普及

1.上がり続ける医療費が国を破産させます
2.病院、医院と医療現場
3.漢方などの代替え医療
4.医薬分業と薬局-セルフメディケーション
5.「街の健康コンサルタント」としての薬屋さん
6. 生命保険業界と栄養補助食品--半病人でもOK

第5章 生活習慣病とサプリメント

1.生活習慣病と危険因子-7つの健康習慣
2.歯周病も生活習慣病の1つ
3.サプリメントで栄養バランスを保つ
4.「正しい栄養補助食品」とは

Categories-カテゴリー
ブログトピックス
アフィリエイト・ポータルネット
タグクラウド
加齢臭・体臭特集

PR--------------
加齢によるニオイを
予防し、対策を!

加齢臭・体臭特集


体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【柿渋石鹸No.1】
ライブラ柿渋石鹸
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【山本モナ愛用】
ビューティローズ
クリスタル50粒
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【加齢臭&脱毛予防】
フォーミュラB
シャンプー 240ml
livedoor 天気
QRコード
QRコード
日刊 「メタボとダイエット」 発刊中
日刊 「自然エネルギー Daily News」発刊中
日刊 「Facebook ページ 情報」 発刊中
  • ライブドアブログ