東日本大震災

脱原発ネコ・チビデカ Daily (9月10日)

チビデカの発行する脱原発新聞 「チビデカ Daily」をご購読ください!
脱原発ネコ・チビデカ Daily (9月10日)は、こちらでご覧下さい。

 

chibideka_july16



「安全デマ」を流す御用学者、原発関係者を東京地検に一斉告発

1980年代から原発の危険性を訴えてきた作家の広瀬隆氏とルポライターの明石昇二郎氏が、7月8日に東京地方検察庁・特捜部に対して、福島県放射線管理リスク管理アドバイザーの山下俊一氏、神谷研二氏、高村昇氏および文部科学大臣の高木義明氏らが、福島県内児童の被曝安全説を触れ回ってきたことに関して、それを重大なる人道的犯罪にあたるものとして刑事告発。

さらに原子力安全委員会の委員長・斑目春樹氏、東京電力会長・勝俣恒久氏、前社長・清水正孝氏、前原子力安全委員長・鈴木篤之氏、原子力安全保安院長・寺坂信昭氏ら多数も、未必の故意によって大事故を起こした責任者として、重大なる人道的犯罪と断定し、業務上過失致死傷罪にあたるものとして刑事告発した。【取材・構成・撮影 田野幸伸(BLOGOS編集部)】

以下下記で記載とで読みください。 

【浜通りより風便り】 武田邦彦氏のブログ・福島の偉人

(前言)
筆者の妹はいわき市浜通りに住んで18年になります。
今度の震災で30キロの外側に位置したため、直接の被害は免れましたが、被害を受けた友人知人に接して、それがかえって、心の重みになりボランティア的な気持ちに拍車をかけたようです。ネット上で発信する技能を持たないため、311以降、東京を中心にした友人・知人にファックスで情報を送りまくり、全国への発信に圧力をかけてきます。

先にも、「東京都にせんせん布告」の記事を載せましたが、今後も随時、記事を取り次いでいきますので、ご覧ください。

度々送ってくるのが、武田邦彦氏の記事。
武田氏は朝日新聞出版から出した「原発事故 残留汚染の危険性」が完売するほどの売れっこでもあります。

原発問題の発言で、毀誉褒貶にもまれているところがありますが、被災を受けた人たちにとっては、御用学者の原発擁護論よりは耳に快く響くのは当然のこと。
武田氏は、ご自分のブログの引用はご自由にといっておられるので引用します。

-----------------------------------------------------------------
(武田邦彦氏のブログ・福島の偉人)

片寄平蔵
常磐炭田発見者。万延元年、勿来近くで攘夷派の浪士の刃に倒れる。享年48。

朝河貫一
「国家はその国民が人間性をもっているかぎりにおいてのみ、自由な独立国である。しかし、その政治体制が民主主義の組織をそなえているというそれだけでは、自由な独立国とはいえない。自由主義にあっては、その国民が世界における人間の立場をすべてにわたって意識するまでに進歩しているかどうか、それこそが重要である。」
・・・・・・・・・
福島が苦しんでいる。
今まで東京のために危険を背負い、人材も電力も供給してきた福島に東京の人は救いの手をさしのべない。政府には富と権力は溢れるほどあるのに・・・
それでも福島の人はジッと腹に収めて反乱を起こさない。
福島の大地は汚れた。でも福島の人の心と体は汚れていない。むしろその魂は高潔だ。
汚れているのは恩を忘れた政府、東大、NHKと、福島の人を温かく迎えない同胞だ。
福島の農作物はすべて買い取ろう。申し訳ないが食べないから泣いてほしい。瓦礫も牛も引き取れないが、こちらから福島の大地を綺麗にしに行く。日本全国、どこでも福島の人を温かく歓迎する。
福島原発は静かに眠ってもらい、碑を建ててその労をねぎらおう。
福島こそ、今、日本人が手をさしのべるところなのだ。
福島の偉人は私たちに語りかける.
・・・日本人が福島の人の立場をすべてにわたって意識するまでに進歩しているかどうか、それこそが重要である・・・
(平成23年4月24日 午後7時 執筆)

「お願いタイガー」でアフィリエイト参加者募集プログラムを!

先日、被災者救済プログラムの一つとして、「お願いタイガー」 を紹介しました。

「お願いタイガー」を更に広めると同時に、サイト運営費の僅かな部分も頂けるという、Win-Win のプログラムをご紹介いたします。

◆それは、あなたのサイトに「お願いタイガー」を紹介し、「お願いタイガーに登録されていて必要とされる物資はここで購入できますので、買ってお送りください」と書いておきます。

そして、[これを抑えとけば外さない!主にどこでも必要とされているもの] として、下記の品物などを列記しておきます。

・粉ミルク
・おむつ(子供用・老人用)
・水
・トイレットペーパー
・ウェットティッシュ
・ティッシュ
・生理用品
・新品の下着
・缶詰などすぐ食べられるもの
・電気は通ってる地域が増えてきたので電子レンジで作れるレトルト系も場所によっては可能

これらは、楽天の検索結果にリンクすれば良いと思います。

更に、あなたのアイディアを加えて、被災者の心に響くようなサービスを提供してください。


あなたの真心を被災地の方々に送りましょう!
お願いタイガー!災害版

 

NHKで紹介された「震災関連」寄付マッチングサイト「お願いタイガー」--あなたも被災者救援に貢献できる!

4月1日のNHK「Bizスポ」で、全国放映された「お願いタイガー」

元アフィリエイトポータルネットの共同運営者、アフィリエイトで著名なあびるさんがボランティアで運営している被災者救援のサイトです。

既に下記のメディア、著名人に紹介されています。

産経ニュース
朝日新聞社会部ツイッター
朝日新聞関西版
ソフトバンク 孫正義氏ツイッター
梅沢富美男「親父ブログ」


「お願いタイガー」の目的と仕組み
困っている方と困っている方を助けたいと思っている方とをつなぐ、マッチングサイトです。

しかし、役に立つだとうという思い込みで送るのは、逆に迷惑千番なのが多忙と混乱を極めている被災地です。次のようなコメントがあります。

「要請されない限り何も送らないことです。
何が不足しているかも分からずに送られてくるものは、千羽鶴と同じゴミです。
「着るものがないだろう」とボロを送られても馬鹿にされたと思うだけです。
水もガスもないところにカップ麺を送られても意味ありません。
現場に何が必要かを理解しているのは現場のプロだけです。
「○が不足しているのでどこに送って欲しい」という呼びかけに応えるのであれば、ぜひ送ればいいともいます。」

これを実現出来るのが「お願いタイガー」です。

あびるさんによれば、
「当サイトは完全な直取引なので、管理者がこっそり中抜きをすることはありえませんので、ご安心ください」とのことです。

是非、「お願いタイガー」をご覧になり、いろいろな事例が述べられていますから、あなたの疑問を解消したうえで、お知り合いに内容をお伝え下さい。

そして、アフィリエイトで連帯の輪を広げる方策を考えて見ませんか。
我々、アフィりエイトに関係する者は、お互い熟知しているこのシステムがどこまで今回の災害に役立つのか、知恵を出し合いましょう。

お願いタイガー!災害版

福島県浜通りより風便り:風評被害に生活を奪われた福島県、東京都に「せんせん布告!」その2

4dogs_1cat
 (一時、20匹近い、行く先のないペットを拾ってきて育てていました)
------------------------------------------------------------------

ファックスのインクが無くなりました。買いに行けないというよりは、スーパーにはだいぶ前から売ってなく、手に入りません。困って前のを、時間をかけて巻き戻し、再利用しました。その為、写りが悪いですが、ヨロシク。

「福島原発」ではなく「東京電力福島原発」なのです。

昨日の報告に続いて、原発に関する風評被害への抗議です。

毎日の報道でいつも「福島第一第二原発ですが・・・」と話始めますね。私を含めて、あたまの回転が少しゆるい方々は、この「福島第一第二原発・・」を、一日に何回、何十回も聞いていれば、福島の電気の為に我々はこんな目にあっていると思うのではないでしょうか?

「東京電力福島第一第二・・・」と必ず「東京電力」と言うべきなのよ、とTV局に怒って訴えた方がいました。これが効いたのか、先ほどから(3月31日)<a href="http://www.rfc.jp/index.asp">ラジオ福島</a>のニュースでは、「東京電力福島第一第二原発・・・」と必ず「東京電力」を入れて、「東京電力」を連呼し始めました。

まったく同感です。

ちょっと前のラジオ放送で、衣料関係の会社の方の話として「東京の取引先から、放射能が気になるのだが、といわれ、先方の気を察して、こちらから丁寧に取引をお断りしました」。今後、このような話がどんどん増えていくのでしょうね。

・リサイクル業者の方が、今後、福島のは受け取れないと言われた話。

・東京で、いわきナンバーの車が「なんでこんな所にいるんだ」と、車を蹴られた話。

・東京では福島のコメが敬遠されて売れ残っているそうですが、今出ているお米は昨年出来た米なのですよ。

このような話が目白押しでラジオに流れます。なんでこんなことが起こるのでしょう。


数日前ですが、ラジオ福島のアナウンサーが、「首都圏の人々に」伝えたいと、メッセージを紹介しておりました。すべて録音しましたので、それをお伝えします。

●東京電力福島第一第二原子力発電所について

東京電力福島第一第二原子力発電所は福島県の浜通りに位置しています。「東北電力」でないことに注目して下さい。福島県の浜通りには東京電力の発電所がこのほかに「広野火力発電所」があります。

この地域で発電された東京電力の電気は「総て」、一つ残さず「総て」関東へ運ばれ、首都圏の方々が利用しています。地元では、この発電所でつくられた電気は一切利用されていません(福島県は東北電力の電気を使用しています)。

首都圏の電気の三分の一は福島県でつくられている現実をもっと報道して下さい。計画停電が首都圏で実施されていて文句を言ったり、「被災地に電気を送るためだから我慢します」といったインタビューをよく見かけますが、何を見当違いのことを言っているのでしょうか。

東京電力が計画停電を行っているのは首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから突然の停電を避けるために行っているのです。自分の所の電気が足りなくなりそうだから自分たちが我慢しているのであって、当たり前の話です。

電気を福島県が使ったり、被災地に送るためではありません。この重要な点をマスコミはなぜ報道しないのでしょうか。

首都圏の人々の為に建設された発電所の為に地元がこれだけ苦しんでいる現実をなぜ、もっと広めようとしないのでしょうか・・・

●この原発を考え、積極的に推進したのは東京電力と自民党。地元ではこの元凶達に怒り心頭に達しています。

今日の締めくくりにちょっと朗報をひとつ。今日(3月31日)から、宅急便が届くようになりました。クロネコです。世間とやっと通路のひとつが開けた感じです。
--------------------------------------------------
筆者紹介:
筆者は桜朋会会員。日舞を教えて糊口をしのいでいます。(註:桜朋会は学習院初等科の同期会)

福島県浜通りより風便り:風評被害に生活を奪われた福島県、東京都に「せんせん布告!」その1

yoko_withdog
 
横浜から福島県浜通りに越してきて18年。原発から50K(いわき市泉)に住む者です。
(註:添付の写真は、10年以上前の写真です)

皆さま11日は如何でしたか?

つなみで生命を失われた東北の多くの人々の事を想うと、何を語っても意味をなしません。ただ、思い切って言わせて頂くと、ここ福島県浜通りは、日本の将来を左右しかねない大きな問題を抱え込んだ地域だということをご理解下さい。

あの日、こちらは震度6強。生まれて初めて地面と家が左右に大きく揺れるのを見ました。家を飛び出し、庭にあるテーブルの下に犬をかかえて腹ばいになり2時間震えておりました。

それから、連日の余震続きで、回数は百数十回。震度5強も度々。

私は何も失いませんでした。幸せ者です。でも、福島から東京方面へ避難した方々がくやしい思いをなさっていることを知り、車もなく、からだをこわしてボランティアも出来ないので、少しでもお役に立ちたいと、感じたことをお伝えしたいと思い筆を取りました。

原発の問題が発生した後、東京の学生時代の知人に電話したところ「福島の原発のおかげで、東京じゃ、計画停電で大迷惑よ!」と、大声で愚痴っていました。そこで、福島原発の電力はすべて、東京をはじめ関東地区で使っているのよ、と言ったところ、「え?ほんとう?」と、疑心あんぎの回答が返ってきました。

高学歴を持つ女性がこのありさま! 何かしなくちゃ、と私の気持ちを後押ししました。
これからお伝えすること、そんなこと知っているわよ、今更何言っているの、とお思いになるかもしれませんが、上に述べた例のごとく、まだまだ勘違いなさっている方もいらっしゃるので、是非、周りの人々にお伝え下さい。
(11日より、2週間、台所の水道をはじめ、洗面所、お手洗い、風呂の水が出ません。顔もあ洗えず、何も洗えません)

ラジオ福島では、11日の震災当日から連日24時間、「頑張ろう福島」を放送しています。その中の幾つかをピックアップしてみます。

1.女子高生のメールです。
東京に避難し、家族と電車に乗りました。私が福島県立○○高校のカバンを持っていたのですが、それを見た女性同士の会話が聞こえてきました。
「福島県の人よあの人。大丈夫かしら放射線!福島県の人はみんな福島県と名札をつければいいんじゃないの」
くやしくて、くやしくて、これが福島原発の電力に頼って生きてきている東京人の言葉かと信じたくない話でした。

2.旅館に避難したかった方が「福島」ということで断られたという話は、新聞でも大きく報道されましたが、これに類した話は山ほどあります。

●福島地域で発電された電気の「総て」は関東・首都圏で利用されています!

福島原発は首都圏の人々の為に建設されたのです。(以前、私は原発反対運動に加わり、署名集めに参加しました)。首都圏の人たちはこれをはっきりと認識して下さい。

首都圏で「放射線が怖いからカッパを買いました。マスクを買いました。とろろ昆布を買いだめしました」と言っている人たちがTVに写っていました。

放射線が怖い?
何キロ離れているの?
じゃあ、私たち福島県民はどうしたらよいの?

あなた方が40年間利用してきた電気を作っていた発電所の為にこういったことが起こったということをあなた方はどこまで認識しているの?

いつでも逃げられるようにガソリン、食料を買いだめ?

あなたたちの買いだめの為に、私たち福島県民はガソリンが無いので逃げたくても逃げられません。救援物資が届かないのです!
----------------------------------------------------
筆者紹介:
筆者(石川洋子)は桜朋会会員。日舞を教えて糊口をしのいでいます。(註:桜朋会は学習院初等科の同期会)。
なお、この「健康で美しく長生きするために」の記者の一人としてボランティア投稿しています。

運営者プロフィール
日刊 「脱原発新聞」 発刊中 ご覧下さい!
日刊 「ネコ新聞」 発刊中 ご覧下さい!
健康サンダル特集
・健康サンダル
・健康サンダルを履き続けて6年
・京都大学と共同研究
・健康サンダルの種類

(以上、漸次作成中)
健康で美しく長生きするために 目次

第1章 毒性・栄養欠乏食品と日本人

1.朝食に「毒物」を口にしていませんか?
2.マーガリンはどうして毒物なの?
3.日本の常識は世界の非常識
4.牛乳を飲んで下痢をしませんか?
5.私たちを取り巻く環境と活性酸素
6.健康の道しるべ、栄養のバランスを考える

第2章 栄養素の基礎知識

1.2万7千人を殺した森鴎外
2.メリル・ストリーブ主演「西洋医学と栄養療法」
3. バランスの取れた栄養とは
4.栄養素の基礎知識 その1 3大栄養素
5.栄養素の基礎知識 その2 ビタミン
6.栄養素の基礎知識 その3 ミネラル
7.栄養素の基礎知識 その4 食物繊維

第3章 東洋医学と漢方薬

1.東洋医学の基礎知識
2.西洋医学と東洋医学の違い
3.漢方薬、生薬そして民間薬とは?
4.漢方薬とエキス剤そして西洋薬との違い

第4章 日本の医療の現状とヘルスメディケーション(自己治療)の普及

1.上がり続ける医療費が国を破産させます
2.病院、医院と医療現場
3.漢方などの代替え医療
4.医薬分業と薬局-セルフメディケーション
5.「街の健康コンサルタント」としての薬屋さん
6. 生命保険業界と栄養補助食品--半病人でもOK

第5章 生活習慣病とサプリメント

1.生活習慣病と危険因子-7つの健康習慣
2.歯周病も生活習慣病の1つ
3.サプリメントで栄養バランスを保つ
4.「正しい栄養補助食品」とは

Categories-カテゴリー
ブログトピックス
アフィリエイト・ポータルネット
タグクラウド
加齢臭・体臭特集

PR--------------
加齢によるニオイを
予防し、対策を!

加齢臭・体臭特集


体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【柿渋石鹸No.1】
ライブラ柿渋石鹸
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【山本モナ愛用】
ビューティローズ
クリスタル50粒
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【加齢臭&脱毛予防】
フォーミュラB
シャンプー 240ml
livedoor 天気
QRコード
QRコード
日刊 「メタボとダイエット」 発刊中
日刊 「自然エネルギー Daily News」発刊中
日刊 「Facebook ページ 情報」 発刊中
  • ライブドアブログ