えがお

ナポレオン三世が名付け親、危険な毒物「マーガリン」発生の由来。

マーガリンはトランス脂肪酸を含む危険な食品として、スーパーの棚からも、そのうち姿を消すかも知れません。セブンイレブンなどは、トランス脂肪酸を含む食品の取り扱いを全廃しようとしています。

ところで、マーガリンの名前発生の由来ですが、次のような話があります。

napoleon_thirdナポレオン三世が、戦争や革命のため、バター不足になり、その解消のために代替え品を募集し、マーガリンが生まれたのです。マーガリンの語源はギリシャ語で「真珠」を意味するmarganitesだそうです。たぶんその色からつけられたのだろうといわれています。
  

ところが、この「真珠」、名は体をあらわさず、現在ある食品の中で、もっとも危険な食品の一つなのです。

マーガリンはデンマーク、オランダでは発売禁止、ドイツではトランス型と呼ばれる脂肪酸を含むマーガリンを製造禁止にしています。その他の多くの先進国では、「毒物」として扱われています。

日本では、役人が業者とツルンデいるので、国民の健康は例によって後回し。役所と自身の保身にしか関心のないヤクニン共。ギロチン度筆頭といえるでしょう。

「国滅んで、津々浦々にヤクニンの山」(詠み人知らず)。

セブンイレブンなど民間業者の方が、健康問題に対する認識がはるかに進んでいます。情けないことです。

郵便不正事件の検察官の問題など、肝に銘じて、役人の本性を忘れないように。
何の罪もないと知っていても、属する役所や自分らの保身、出世のためには、国民を牢に送り、時には死刑さえもいとわないというのがヤクニンの本性です。こういう人間をどのように取り扱ったら良いと思いますか?


ケンコーコム
あなたの毎日をガードする健康・医薬品12万点!

PC使用者に朗報! ブルーベリーを超える 「ビルベリー」 が、あなたの目を守る!

biruvery_imageパソコンや、小さな文字に接することが多い人は、ときどき、ボンヤリ感が気になりませんか? それは”アントシニアン”が不足しているのが原因の可能性があります。アントシニアンは視野を明確に保つのに必要なものと言われています。。

そしてブルーベリーは、アントシニアンを含む果実としてよく知られています。ブルーベリーはもともと、北アメリカを原産地とするフルーツの一種で、古くから食用として親しまれていました。その後改良が重ねられ、より美味しく、よりたくさん収穫できるようになりました。

その後、北アメリカに次いで、オーストラリア、チリ、アルゼンチン、最近では日本、中国でも生産されるようになりました。しかし、ブルーベリーは栽培でなく、野生種のものが貴重なものといわれ、野生種がある地域は世界中でも非常に少なくなっています。

ブルーベリーの代表格「ビルベリー」
ブルーベリーには300種ともいわれる、たくさんの品種があり、非常に似通った仲間も存在しています。その代表格がビルベリーです。ブルーベリーもビルベリーも同じツツジ科の植物ですが、厳密に言うと、別の植物だそうです。(上記写真は北欧のビルベリーです)

ブルーベリーの主な自生地は北アメリカですが、ビルベリーの自生地はノルウエー、スエーデン、フィンランドなど、北欧を中心とするヨーロッパです。

egao_biruveryブルーベリーとビルベリーの大きな違いは?
ブルーベリーの木は、2、3メートルの高さになりますが、ビルベリーの木は20〜30センチ程度と非常に低いのが特徴です。

しかし、両者のもっとも大きな違いは、ブルーベリーは人の手によって品種改良が重ねられてきましたが、ビルベリーは野生種であるということです。

ヨーロッパでは、ブルーベリーが体に良いということから、特に、イタリアやフランスなどでは、特定の病気に対する医薬品として使われています。しかし、医薬品として認められているのは、数多くあるブルーベリーの仲間の中でも、ビルベリーだけです。

ヨーロッパでは昔から、ビルベリーの実や葉を乾燥させて煎じたものを、腸の病気や糖尿病の治療に役立ててきました。また、目や血管に良いハーブとしても使われています。
ビルベリーに含まれるアントシニアンという成分が目に良い働きをするからです。

ブルーベリーやビルベリーは、深い青色をしていますが、その深い青色がアントシニアンの色なのです。

えがおのブルーベリー

「正しい健康食品」 のひとつ 「えがお」のブルーベリー

九州、熊本県にその会社はあります。

最近、良い製品の生産地が、地方に多いというのも、原材料の収穫の上からも嬉しいことです。

今回のご紹介はブランド名「えがお」で、最近、急速に力をつけている、「えがおの健康食品」です。

ご紹介するのは、コンピュータに向かう時間の多いITビジネスマン、ビジネスウーマンの方々に特に関心の高いブルーベリーです。
egao_biruvery

「正しい健康食品/栄養補助食品」というのは、このサイトの関係項目を見て頂ければお分かりのように、くすりと同じ効能をもっているのです。

ただ、健康食品の場合は、「効く」という言葉は一切使えませんので、使いませんが、「くすりと健康食品/栄養補助食品のちがい」は、副作用があるかないかなのであって、効くのがくすりで、
健康を維持するのがサプリメントなのではありません。(浅間郁太郎氏--栄養生化学療法とサプリメント)

お分かりでしょうか?

上記の
「正しい栄養補助食品」の項を是非、ご覧になって下さい。

・パソコンを使う方
・睡眠不足の方
・TVゲームをする方
・本を良く読む方
・車の運転をする方

これらの方にブルーベリーが有効なのは良く言われていることですが、えがおのブルーベリーは過去の同じような製品と一味もふた味も違います。

ブルーベリーの大切な要素、アントシアニンを豊富に含む北欧産野生種のビルベリーを使っているからです。この北欧産のビルベリーは一般のブルーベリーより、アントシアニンの含有量が約3〜5倍。大変貴重なブルーベリーの王様です。

北欧では、太陽が少しの間しか沈みません。”白夜”という現象が起こります。過酷な環境で育つビルベリーは、白夜により長時間浴びてしまう紫外線から実を守る為に果肉の中までアントシアニンを蓄えるのです。

皆さんにも関心が高いと思われる、ブルーベリー。 一生のお付き合いになるかも知れませんから、よく、ご研究ください。


体内吸収率が150%増!?進化したビルベリーエキスを配合
えがおのブルーベリー

3-4. 漢方薬とエキス剤そして西洋薬との違い

現在、私たちが口にしている多くの「漢方薬」といわれるものは、エキス剤です。エキス剤とは生薬に含まれている有効成分を取り出して、粉末、錠剤、カプセルなどにしたものです。 

toyoigaku14漢方薬は、本来、数種の生薬を混ぜあわせて煎じて飲むものであり、これが標準とされています。しかし、毎日これをやるとなると、大変な手間がかかり、忙しい現代人にやれることではありません。そこで考えられたのがエキス剤です。こうすると携帯には便利ですし、手軽にどこででも服用することができます。

ただ私たちが常識的に疑問に思うのは、本来の漢方薬とエキス剤とは同じように効くのかということです。  

上記した細谷英吉氏は、「標準方式で作った湯液と、それをエキス剤にしたものとは、エキス剤にしたものの成分の量が劣っているという報告がある。この両者の優劣については学会で討議が行われている」と書いています。  

ただ、当然のことですが、大量生産されるエキス剤は、漢方医学本来の、一人一人の患者にあった処方をすることができません。いわゆる「さじ加減」ができません。

これを本来の「漢方薬」と呼ぶには、若干疑問を感じないではありません。しかし、効用がそれほど違わず、副作用も少ないというのならば、エキス剤の漢方薬も、手軽に飲めるインスタント薬品として現代人にはぴったりではないでしょうか。

次に、漢方薬と西洋薬との違いについて少し書いておきます。  
「現在の西洋薬はほとんどすべて化学操作によって合成された純粋な化学物質です。生薬中から抽出されたものでも、その有効成分の化学構造を決定し、次にそれを人工的に合成し、その純粋なものをくすりとして使います」(前出、細谷英吉氏)

このように西洋薬は化学式から人工的に作られた純粋な化合物なのです。ある症状に良く効く純粋な化合物を精製して、多くはそれを注射で与えますから、西洋薬は即効性があるのです。しかしその化合物に毒性があればそのまま出てきてしまいます。 

toyoigaku6これに対して、漢方薬はさまざまな生薬を混ぜて使うわけですから、たくさんの自然の化合物が入っています。どのくらいの化合物が入っているのか、正直なところ、まだ分からないそうです。そして、口から投薬しますから、胃、腸を経て、肝臓へと全身をめぐり、効果を現していきます。全身をまわりながら成分が相互作用を起こしていきます。

こうしてみると、一般に漢方薬は効き方が遅いといわれているのはある程度事実でしょう。しかし、口から飲み、肝臓を経る漢方薬は、解毒作用を受けやすくなるので、毒性が少なくなります。

最後に、西洋薬はある特定の症状や臓器には効きますが、他の臓器には影響を及ぼしません(風邪のくすりが下痢に効くということはありません)。漢方薬は、特定の症状や臓器ばかりでなく、他の隠れた病気や臓器にも良い影響を及ぼすことが度々あります。

[ミミズのささやき]

3-2.西洋医学と東洋医学の違い

単純な分け方をすると、西洋医学は救急医療又は対処医療であり、東洋医学は診療医学といえます。  

toyoigaku9例えば、伝染病などは西洋医学の分野といえます。臓器移植などもそうです。そもそも現代医学としての西洋医学は伝染病の病原菌発見や解剖からスタートしたのです。

東洋医学は、数千年の長い間に実際に病人に接して蓄積してきた臨床経験の結果であり、いってみれば人体実験によって、なりたっている医学なのです。西洋医学は急速な進歩を遂げたとはいえ、その歴史はまだ百数十年であり、動物実験の上になりたっている医学といえます。

そして更に、西洋医学は部分部分を切りとって診察しようとする医学であり、手術とくすりによって直そうとする医学です。 

これは、大学や大病院の内科が循環器科、消化器科、神経科、などというように、縦割りになっていることでお分かりでしょう。

しかし、人間が病気になったとき、消化器系統が悪いけれど、他はまったく問題ないなどということがあり得るでしょうか。身体はみなつながっているわけですから、消化器系統が悪ければ、他の部分に悪いところがあるのかも知れないのです。また、血圧が上がれば血圧を下げるくすりを使って、血圧を下げます。これは血圧を一時的に抑えているのであって、治療とはいえません。

高血圧の治療とは、高血圧になっている原因をさぐり、その原因を取り除かなければ治療したとはいえません。

これに対し、東洋医学はヒトを全体としてとらえ「未病」を直すという、独特の考え方をもっています。「未病」というのは、健康そうに見えるけれども、病気になるかも知れないといった状態をいいます。

約2000年前に書かれた、中国で一番古い医学書である「黄帝内径(こうていだいけい)」は、「未病を治すことができる医者がもっともすぐれた医者である」といっています。この医学書は中国医学のバイブルといわれていますが、その中に書かれていることは、2000年たったいまでも立派に通用する事柄が多いのです。

東洋医学は、やまいの元をさぐり、その根本から癒していこうという医学です。病人になってしまったものを対象とする西洋医学とはこの点で大きく異なります。  

もう一つは、化学薬品による副作用の問題があります。現代の西洋医学で使われているくすりは化学薬品です。新聞紙上でも騒がれたいろいろな問題がありますから、それを思い出して下さい。しかし、西洋医学で使われるくすりも元々は自然界にある生薬を材料としているものが多いのです。

モルヒネやジギタリス、広い意味でのアスピリンもそうです。ただこれが東洋医学の生薬と異なるのは、化学的に処理して有効成分を取り出したりしているという点です。

東洋医学では、いろいろの生薬の配合によって、ひとりひとりに合うようにくすりを処方してつくるのです。そして、生薬−漢方薬は正しい使い方をしていれば副作用は非常に少ないといわれています。  

最後に、両者の間の大きな違いを一つ述べておきます。西洋医学は診断の結果、病名をつけます。肺炎とか気管支炎とかいうように。

ところが、東洋医学は病名をつけません。「どのようなくすりを与えるべきか」を判断するのです。この患者には葛根湯(かっこんとう)を与えたらよいとか判断するのです。
現在の日本の健康保険制度は西洋医学の診断名だけを受け入れています。漢方式の診断名は受け入れていません。漢方医学がのびない一つの理由でしょう。  

このように、例えは悪いかも知れませんが、西洋医学は、車にひかれてしまった人間を治療するという、緊急治療であり、対処治療なのです。なぜ、車の事故が起こり、なぜ、人がはねられたのかは関係ありません。

東洋医学は、どちらかといえば後者に力点をおいています。事故の原因をさぐり、今後、事故を起こらないようにしようとします。  

「はねられた人間を治療する」という緊急治療−投薬までも含めた西洋医学に対する支払い(保険料)により、いまこの国は破産寸前までいっています。  

国も「事故を起こさないようにしよう」という考えに切り替わってきました。成人病を生活習慣病と呼び名を変えて、「生活習慣」を改めていこうということもその現れの一つです。

誤解の無いようにに書いておきたいことがあります。両者のどちらがよいということをいっているのではなくて、それぞれの特色をいっているのだということを理解してください。

1-1. あなたは、朝食に「毒物」を口にしていませんか

宝膳
朝がスッキリ! スッキリと美容にも! 「えがおの発酵熟成宝膳」

あなたは朝食になにを召し上がりますか? パンにコーヒー? のりに納豆? どちらも朝食の代名詞ですね。自分の好みのもので1日の始まりにしたいですね。

breakfast
しかし、あなたが、パンにマーガリンをつけるとなると、様子が変わってきます。  マーガリンはバターの代替え品として非常に多く使われています。第一値段が安い。バターの半値くらいで買えます。


冷蔵庫に入れておいても固くならないから使い勝手がよい。原料がコーン油や紅花油といった植物の油だからバターより健康に良い…???。  

バターは、消化吸収のよい乳脂肪を80%以上含んでおり、ビタミンAも含んでいて、栄養価の高い食品ですね。しかし、バターに含まれる脂肪が太る原因になったり、コレステロールを増やすと云われています。

これに対しマーガリンは「低カロリー」「健康食品」だと、メーカーは宣伝し、多くの人々もそう思って使っています。  マーガリンは19世紀半ば、1869年にフランスの化学者、イッポリト・メージューリエによって考案されました。
breakfast01
ナポレオン三世が、戦争や革命のため、バター不足になり、その解消のために代替え品を募集し、マーガリンが生まれたのです。マーガリンの語源はギリシャ語で「真珠」を意味するmarganitesだそうです。たぶんその色からつけられたのだろうといわれています。  

ところが、この「真珠」、名は体をあらわさず、現在ある食品の中で、もっとも危険な食品の一つなのです。

マーガリンはデンマーク、オランダでは発売禁止、ドイツでは次の項に出る、トランス型と呼ばれる脂肪酸を含むマーガリンを製造禁止にしています。その他の多くの先進国では、「毒物」として扱われています。

margarine_butter01タバコと同じように食べるに当たっては注意しなさいというわけです。日本はそのような注意事項もなく、なぜか大手を振ってスーパーの乳製品売場の大半を占めています。

危険だといわれ、健康に良くないといわれる食品が、日本ではなぜ、たくさん売られているのでしょう。もちろん、食品を管理する厚生省が危険だと認めていないからです。

なぜでしょう?メーカの顔ぶれをご覧なさい。M、もうひとつのM,Yなどなど…。いずれも食品業界の大物です。ご存じのように、日本のお役所の方々は大きなメーカーとは非常に仲が良いのです。  

私たちが生きて行くのに一番大切な「健康」の問題なのに、お役所はなかなか私たちの方を向こうとはしていません。お役人は管轄する産業に寛大であって、国民は二の次のようです。

ここで何を云おうとしているのかというと、この国では、皆さん自身が健康に対する正しい知識を身につけてぜひ、安全に心がけて下さいということです。国はあなたの身を守ってくれようとはしていません。



連日メディアで話題。バター、マーガリン、ショートニングをすべてカット! ミドリムシクッキースリム
ミドリムシクッキースリム




 




(参考資料)

マーガリン (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
トランス脂肪酸 (厚生労働省資料)
トランス脂肪酸(マーガリン等)の危険性
マーガリンのトランス脂肪酸が痴呆の引き金に
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に暗雲がまた一つ(MedWave)
植物連鎖の汚染   不健康食品が病気を造る  医療殺戮より
トランス脂肪酸が含まれる硬化植物油の使用禁止をアメリカの消費者団体が、FDAに訴える。
健康を守るトランス脂肪酸対策

運営者プロフィール
日刊 「脱原発新聞」 発刊中 ご覧下さい!
日刊 「ネコ新聞」 発刊中 ご覧下さい!
健康サンダル特集
・健康サンダル
・健康サンダルを履き続けて6年
・京都大学と共同研究
・健康サンダルの種類

(以上、漸次作成中)
健康で美しく長生きするために 目次

第1章 毒性・栄養欠乏食品と日本人

1.朝食に「毒物」を口にしていませんか?
2.マーガリンはどうして毒物なの?
3.日本の常識は世界の非常識
4.牛乳を飲んで下痢をしませんか?
5.私たちを取り巻く環境と活性酸素
6.健康の道しるべ、栄養のバランスを考える

第2章 栄養素の基礎知識

1.2万7千人を殺した森鴎外
2.メリル・ストリーブ主演「西洋医学と栄養療法」
3. バランスの取れた栄養とは
4.栄養素の基礎知識 その1 3大栄養素
5.栄養素の基礎知識 その2 ビタミン
6.栄養素の基礎知識 その3 ミネラル
7.栄養素の基礎知識 その4 食物繊維

第3章 東洋医学と漢方薬

1.東洋医学の基礎知識
2.西洋医学と東洋医学の違い
3.漢方薬、生薬そして民間薬とは?
4.漢方薬とエキス剤そして西洋薬との違い

第4章 日本の医療の現状とヘルスメディケーション(自己治療)の普及

1.上がり続ける医療費が国を破産させます
2.病院、医院と医療現場
3.漢方などの代替え医療
4.医薬分業と薬局-セルフメディケーション
5.「街の健康コンサルタント」としての薬屋さん
6. 生命保険業界と栄養補助食品--半病人でもOK

第5章 生活習慣病とサプリメント

1.生活習慣病と危険因子-7つの健康習慣
2.歯周病も生活習慣病の1つ
3.サプリメントで栄養バランスを保つ
4.「正しい栄養補助食品」とは

Categories-カテゴリー
ブログトピックス
アフィリエイト・ポータルネット
タグクラウド
加齢臭・体臭特集

PR--------------
加齢によるニオイを
予防し、対策を!

加齢臭・体臭特集


体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【柿渋石鹸No.1】
ライブラ柿渋石鹸
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【山本モナ愛用】
ビューティローズ
クリスタル50粒
体臭・ニオイ予防と対策をあなたに 加齢臭コム
【加齢臭&脱毛予防】
フォーミュラB
シャンプー 240ml
livedoor 天気
QRコード
QRコード
日刊 「メタボとダイエット」 発刊中
日刊 「自然エネルギー Daily News」発刊中
日刊 「Facebook ページ 情報」 発刊中
  • ライブドアブログ